AGAとは

AGAとは、日本語で男性型脱毛症のことであり、英語ではAndrogenetic Alopeciaの略です。

基本的に、薄毛だとかはげの人を指しますが、同時に頭皮の病気を持っている人とも呼ぶことができます。

それはなぜかというと、AGAは頭皮に異常があるから起きてしまう病気のことを指します。

どのような異常が起きているかと言うと、頭皮の内側で普段生成されるはずのホルモンなどが生成されなくなり、結果的に髪の毛の育毛が自らできなくなることを指します。

どういうことかというと、普段髪の毛ができてから、人間の体は頭皮にも栄養などを出し続けます。

この栄養がホルモンなどの効果を高め、髪の毛へと送られ、髪の毛が長く太く育つのです。

そして、髪の毛が持つ寿命を過ぎると、自然と抜けていきます。

そこで、もしあなたの髪の毛がうまく育たなかった場合、髪の毛は細く短いままです。

そして、髪の毛が太くならないということは、毛穴から抜け落ちやすくなってしまいます。

結果的に、あなたの頭には長い間髪の毛が残らず、さっさと抜け落ちてしまいます。

そうすると、見た目はやはりはげっぽくなってしまいますね。

この薄毛のタイプについてですが、基本的に二種類います。

一つはM字はげタイプで、おでこの部分がアルファベットのM字のように禿げて行くことです。

もう一つはO字はげと呼び、頭の後頭部がアルファベットのOの字のように禿げて行くことです。

どちらもあまり空かれていないはげかたでしょう。

解明しよう!福岡AGA治療の真実

Welcome , today is 月曜日, 2015年5月25日